期間工の初心者講座

期間工のメリットは?一般企業の正社員を上回る脅威のメリット4選

この記事は、期間工で働いた場合に得られる恩恵をイメージしたい人向け。

期間工ってちょっと変わった働き方だけど、ぶっちゃけ何がいいのかな?」と調べていませんか?

普通の派遣社員や正社員と違った働き方として、若い人を中心に~50代まで幅広く注目されている期間工。

一部の人の間では、一般企業より良くない!?と話題になっています。

期間工として働く前に、しっかりとメリットを押さえておきましょう。

\期間工採用率No.1はこちら/

年間 3784 名が期間工に採用!
↓本気でなるなら[期間工.jp]↓

期間工に
応募してみる

期間工のメリットがすごい!知っておきたい4つのメリット!

期間工の4大メリット
  1. メーカー直接雇用だから給与・待遇が良い
  2. 住居費・光熱費が無料!?
  3. 中卒以上!誰でも働ける!
  4. 慰労金、各種手当など福利厚生が充実している

このような部分がメリットになります。ぱっと見ただけで、結構なメリットだと感じませんか?

中には「具体的に知りたい!」という方もいるかもしれませんね。そんな方の為に、これからそれぞれのメリットについて詳しく解説していきますね。

期間工のメリット1.「メーカー直接雇用だから給与・待遇が良い」

期間工として働く工場は、トヨタやホンダなどの超大手企業が多く、待遇が段違いにいいのが特徴です。

例えば、大手自動車会社の給与を見てみましょう。

一般的なイメージとは?

トヨタ:281,090円~303,810円/月給

スバル:361,000円~380,000円/月給

日産:34.4万円以上可/月給

これはあくまで一例ですので、すべての期間工がこの金額になるわけではありません。配属先や残業・休日出勤の有無によっても左右されます。

残業・休日出勤がイヤだという人には向かない仕事スタイルではありますが、サービス残業はなく、手当がしっかり支給されるため、一般企業の正社員より高待遇と言えるのではないでしょうか。

また、契約期間の満了月まで勤務した人には、給料とは別に満了金が支給されるのも魅力的です。

さらにさらに、契約更新ごとに慰労金がもらえる場合もあり、これらをトータルすると、月に40万以上になる人も多く、年間で100万~200万も貯金することが可能になります。

短期間でがっつり稼いでお金を貯めたい人にとっては、期間工は最高の働き方と言えるでしょう。

期間工のメリット2.「住居費・光熱費が無料!?」

期間工は住み込みで働くスタイル。多くのメーカーで工場近くに個室寮が完備されています。一部寮ではなくホテルの場合もあります。(女性はホテル住まいが多い。)

そして、寮費(ホテル費)は全額企業が負担してくれるところが多く、さらに水道代や光熱費も無料で生活可能です。もちろん敷金・礼金も不要になります。

さらに食費も無料な企業もあるため、生活費のほとんどを低く抑えることができます。

例えば、2015年の家計調査で、35歳未満の単身世帯の1カ月の支出の内、住居費、光熱費、食費の合計は、81,547円です。

住居費28,954円
光熱費7,248円
食費45,345円
合計81,547円

期間工では、この81,547円が0円になる事が多く、1年間で考えた場合に、

81,547円×12ヶ月=978,564円も支出を節約できるということ。これを、まるまる貯金するだけで、年間で約100万円近くも貯金できる計算になります。

これが期間工が貯金を貯められると言われるカラクリです。

期間工のメリット3.「中卒以上!誰でも働ける!」

これまで見てもらったように、非常に高収入なのが期間工の魅力です。

でも、高収入ということは、ある程度の学歴や資格が必要なのでは…?」と思いがちです。しかし、そんな心配は一切いりません。

期間工になる条件は、

一般的なイメージとは?
  1. 中卒以上
  2. 健康な肉体
  3. やる気がある

基本的に上記の3点だけです。特別な学歴は全く必要なく、中卒、高卒でももちろんOK。あとは工場での作業をこなせる健康な肉体とやる気だけで十分なんです。

もちろん工場での仕事が未経験でも問題なし。ひとつひとつの作業がきちんとマニュアル化しているので、未経験でも問題なくこなすことができるようになっているのも、敷居を低い物にしてくれているんです。

結論:期間工は誰でもなれる!誰でもできる!

期間工のメリット4.「慰労金、各種手当など福利厚生が充実している」

大手企業での工場勤務ですから、慰労金、各種手当など福利厚生が充実している点も見逃せません。

満了慰労金とは、期間工として働ける最大の期間、2年11カ月まで働くとやっともらえる…と思われがちですが、実は、契約更新を迎える月ごとにもらえる企業が多いんです。

つまり「満了慰労金・報奨金とは、一定の契約期間勤務することで支給されるお金」。言いかえれば、慰労金=一般企業のボーナスのようなものと考えておけばいいでしょう。

参考に、大手企業での慰労金のサンプルをご紹介します。

慰労金支給時期
トヨタ自動車総額3,064,000円6ヶ月満了毎に
規定額を支給
SUBARU
スバル
累計122万円満了ごとに
実働日数によって支給
HONDA
ホンダ
最大で累計184万円3ヶ月ごと
MAZDA
マツダ
12万円6ヶ月ごと
NISSAN
日産自動車
19万円6ヶ月ごと

見て頂ければ分かるように、かなりの額です。

大手企業の場合だけだろ?」と思いがちですが、いえいえ、期間工の工場はそのほとんどが大手企業なのです。つまり、期間工として働く=上記のような慰労金がもらえると言えます。

まとめ

この記事のポイントをおさらいしましょう。

期間工のメリットは4つ
  1. 給与・待遇が良く、残業、夜間作業でも手当がつく!
  2. 住居費・光熱費が無料が多く、支出が最小限!貯金が貯まる!
  3. 中卒でも!未経験でも!誰でも働ける!
  4. 慰労金というボーナスもおいしい!

このようなメリットが期間工の非常に強力な魅力です。人気があるのも頷けますね。ただし、デメリットもありますので、こちらの記事【期間工のデメリットを知ろう!後から後悔しないため4大デメリット把握!】もぜひご覧になって頂いて、いい面も悪い面も把握した上で、期間工として働いて頂ければと思います。

とにかく短期間でたくさん稼ぎたい!寮生活も工場もどんとこい!

そんなそこのあなた!

さぁ、あなたも期間工で働いてみてはいかがでしょうか。

人気記事期間工で夢を掴め!最も稼げる自動車メーカーおすすめランキングTOP3



期間工で稼ぐなら!
\期間工採用率No.1はこちら/

年間 3784 名が期間工に採用!
↓本気でなるなら[期間工.jp]↓

期間工に
応募してみる

最も稼げる自動車メーカーおすすめランキング

トヨタ自動車(toyota)

契約満了までの総収入:約1,057万円

日給9,900円~10,700円
給与目安28万1090円~30万3810円/月
入社時の手当12万円(赴任手当2万+特別手当10万)
満了慰労金合計306万4800円
寮費・水道光熱費無料(個室・送迎あり)
勤務地愛知県(豊田市周辺、碧南市、田原市の11工場)

夢の実現の為に、最速でお金を貯めたいなら、トヨタで決まりです。

日本屈指の大企業であるトヨタ。給与額は期間工としては平均レベルですが、満了慰労金の合計金額が驚きの300万円越えで、総収入額は他のメーカーを圧倒してトップです。

ただし、食堂が1食500~1,000円と高いのが唯一の欠点です

 

日産(nissan)ー追浜工場
契約満了までの総収入:約1,000万円
日給9,300円(時給1,200円×7.75h)
給与目安34万273円/月
入社時の手当5万円
満了慰労金合計150万円
寮費・水道光熱費無料(個室)
勤務地神奈川県 横須賀市

高収入と快適な生活の両方を望むなら日産で決まりです。

日産は工場ごとに微妙に待遇が違うのですが、中でもおすすめは追浜工場です。各種手当が充実しており、総合的な収入金額はトヨタに次いで2番目に高額です。(上記の情報は追浜工場の場合です。)

さらに日産の特徴的なのが、寮の快適さです。ワンルーム寮の部屋が非常にキレイなことで有名で、プライベートでも快適な生活が送れます。食堂も1食150~299円と格安な上に、都心に近い立地なので、買い物にも困りません。

かなり快適な生活を送れることは間違いありませんよ

 

本田技研工業(honda)

契約満了までの総収入:約998万円

日給10,300円~10,700円
給与目安28万9600円~29万9400円/月
入社時の手当10万円
満了慰労金合計184万円
寮費・水道光熱費無料(全寮完全個室・送迎あり)
勤務地埼玉県(狭山市・小川町・寄居町)

快適な環境で仕事ができる!働ける!

日給が1万円越えと高額なホンダ。総合金額は3位ですが、ホンダの魅力は工場が新しいこと。

2013年に完成した埼玉製作所は、工場内にシャワー室や休憩ルーム、軽食や飲み物を販売している売店などがあり、設備が充実した中で快適に仕事をすることができます。

また、有給が比較的取りやすい職場なので、プライベートを大切にしたい人にもおすすめ。関東圏なので、東京在住の方なら休暇に帰省もできますね

 

\期間工採用率No.1はこちら/

年間 3784 名が期間工に採用!
↓本気でなるなら[期間工.jp]↓

期間工に
応募してみる