期間工 その他 確定申告

【確定申告】素朴な疑問は事前に解決!期間工で確定申告は必要なの?

自営業や副業で収入を得ている場合に必要となる確定申告。

「果たして期間工の場合に確定申告は必要なのか」と気になっていませんか?

結論としては、

『期間工の場合、確定深刻は必要ありません。』

全部、雇い主の企業の会計の方がやってくれますので、気にする必要はありませんよ。

確定申告が必要ない理由は?

期間工は、派遣社員とは異なり、トヨタやスバルなどの企業に直接雇用の形態を取ります。

ですから、税金に関しては、企業の経理さんが、あなたの給与から住民税や所得税などを天引きした上で、給与口座に振り込んでくれます。

つまり、一般企業と同様に、会社が税金の処理をしてくれるために、わざわざあなたが、個別に確定申告をする必要はないという理屈になります。

めんどくさい確定申告をしなくていいのは、地味に助かりますよね。

おまけ:副業で年金20万円以上稼いでいる場合、確定申告が必要

期間工とは関係ありませんが、本業の他に、あなたがもしもFXやアフィリエイトなどで年金20万円以上稼いでいる場合は、確定申告が必要になります。

これは期間工とは関係ない話ですが、一般知識としてお伝えしておきますね。

期間工の給与は、どの程度もらえるの?

確定申告が不要と分かって一安心。でも、やっぱり気になるのが収入ではないでしょうか?

ここでは、大手自動車会社の給与を例にご紹介します。

トヨタ:281,090円~303,810円/月給

スバル:361,000円~380,000円/月給

日産:34.4万円以上可/月給

これはあくまで一例ですので、すべての期間工がこの金額になるわけではありません。配属先や残業・休日出勤の有無によっても左右されます。

ですが、このくらいの金額が稼げる可能性が十分にあるのが期間工なのです。これなら、かなり貯金できそうな気がしませんか?

短期間でたくさん貯金できるのが期間工なのです!

さらに、貯金を貯められる秘密があります。次をご覧ください!

住居費、光熱費を企業が負担!支出を最小限にできるから貯金が貯まる!

期間工の特徴の一つに、寮での生活における住居費、光熱費のすべてを企業が負担してくれることがあります。さらに食事も格安で食べられたり、企業によっては完全無料のところもあります。

これを踏まえると、期間工として働けば、その支出のほとんどを削ることができるということになります。

例えば、2015年の家計調査で、35歳未満の単身世帯の1カ月の支出の内、住居費、光熱費、食費の合計は、81,547円です。

住居費28,954円
光熱費7,248円
食費45,345円
合計81,547円

期間工では、この81,547円が0円になる事が多く、1年間で考えた場合に、

81,547円×12ヶ月=978,564円も支出を節約できるということ。これを、まるまる貯金するだけで、年間で約100万円近くも貯金できる計算になります。

これが期間工が貯金を貯められると言われるカラクリです。

夢や目的のためにお金を貯めたい人が、期間工を選ぶ理由が、分かってもらえたかと思います。

まとめ

この記事のポイントをおさらいしましょう。

  1. 期間工は、確定申告は必要なし!
  2. もし副業で20万円以上稼いでいる人は必要!
  3. とにかく期間工は貯金ができる!

やはり短期間で多くのお金を稼げるのが期間工の魅力ですね。一般企業の正社員よりも、絶対に早く貯めることができて、おすすめです。

目標や夢の為に、なるべく早くお金を貯めたい方は、ぜひ期間工として働いてみてはいかがでしょうか。

人気記事期間工で夢を掴め!最も稼げる自動車メーカーおすすめランキングTOP3