期間工 採用の流れ

期間工として採用されるまでの流れを解説!『応募~入社まで』まとめ

一般企業の採用よりもハードルが低そう」というイメージを持っていませんか?

確かに期間工に求められる条件は、一般企業のそれよりもはるかに緩いことが多いです。誰にでも働けるチャンスがあるのが期間工のいいところですね。

では、採用までは、具体的にどんな流れなのでしょうか?

このページでは、期間工になるまでのステップをザックリ解説します。

応募~入社まで、どのくらいの期間がかかる?

最短なら5日前後。多くの場合、平均すると2週間前後と考えておきましょう。一般企業の採用よりも短期間で入社となりますので、すぐに働きたい人にも嬉しいですね。

期間工として採用されるまでの流れ

ざっくりと以下の流れになります。

  1. 応募
  2. 選考
  3. 合否結果連絡
  4. 引っ越し&入寮
  5. 赴任⇒研修・説明・各種手続き
  6. 勤務開始

ではそれぞれ細かく解説させていただきますね。

①応募

期間工の募集を専門に扱っている転職・就職サービス・サイトから応募します。

期間工専門ではなく、いろいろな求人を扱っている就職サービスでも、期間工の募集はあることはありますが、正直あまりおすすめしません。この手の求人サービスの場合、期間工の求人自体が少なく、高条件な募集はすぐに埋まってしまうからです。

期間工専門のサービス・サイトであれば、様々な期間工の求人があり、高収入、高待遇など、自分にあった条件の働き口を見つける事が出来ておすすめです。

応募方法は、サイトから登録・申し込む方法と、電話による応募の2種類があります。

応募する際に、求人でチェックしたいポイントは以下です。

  1. 応募条件は何か?
  2. 給与・待遇はどうか?
  3. 勤務地候補はどこか?

特に応募条件は、各企業の求人ページを事前にしっかりチェックしましょう。とは言え、厳しい条件、特に学歴や特別な技術・資格などを求められることは少ないです。比較的誰でも応募できることが多いので、安心して下さいね。

あと、貯金目的であれば、給与や待遇はしっかり押さえたいところ。

勤務地については、採用決定後に具体的な場所が告知されるので、あくまで参考程度に。期間工はほぼ全て寮やホテルでの住み込みになりますので、引っ越しはほぼ必須でしょう。

②選考

応募後、順次、選考が始まります。選考は大きく分けて次の2つです。

  1. 就職サービスによる一次選考
  2. 企業メーカによる二次選考

①就職サービスによる一次選考

期間工の仕事を紹介してくれる、就職サービスの人による選考です。選考といっても、条件や仕事内容に関する事前説明もしてもらえます。

企業メーカによる二次選考の簡単な面接対策もしてもらえる場合もある為、心強いですね。

その他、健康状態のチェックや、応募条件に合致しているかなどをチェックされる場合もありますので、油断は禁物です。

ちなみに職歴も確認されますが、特に気にする必要はなく、中卒以上であれば誰でも期間工に申し込めるのは嬉しいところですね。

この機会に、気になる内容はどんどん質問しましょう。よっぽど失礼な質問や聞き方をしない限りは、質問が原因でこの一次選考で落とされることはありませんのでご安心を。

むしろ、遠慮せずに質問して、働く前に気になる点、疑問点は全て解消しておいた方が、すっきりした気分で仕事につくことができます。

②企業メーカによる二次選考

主要都市や工場近くで行われます。

主に、

  1. 筆記試験
  2. 面接

の2つです。

筆記試験は、漢字書き取り、一般常識など。面接は、経験の有無や健康状態、体力の有無など、いろいろ聞かれます。

企業によっては、上記に加えて体力測定(握力、片足立ち、反復横とび)がある場合も。

もし一般企業に勤めたことがない人は、会社の選考と聞くと身構えてしまうかもしれませんね。

ですが、あまり心配する必要はありません。今の経済状況だと、多くの期間工を必要とする企業が多く、合格率はかなり高いです。

面接場所は企業の工場であることがほとんど。場所と交通手段をしっかり確認して、時間に余裕を持って早めに着くように心がけましょう。

③合否結果連絡

面接結果の連絡を受けます。早ければ当日、遅くても一週間以内に連絡をくれる企業が多いです。

メール以外に電話で直接連絡してくれる企業もありますので、通知に注意して、できるだけ出られるようにしましょう。

④引っ越し&入寮

合格したら、働く工場と住み込みの寮(ホテル)が決定します。引っ越しの準備を進めましょう。引っ越しと言っても、荷造りしたり、大きな荷物を宅配便で送るだけで十分ですので、ご安心を。

引っ越し費用は企業が負担してくれることが多いのも嬉しいポイント。支払いは給与に上乗せの場合と、当日支給の場合があります。

寮の場合、備え付けの家具などは企業や寮ごとにも異なることが多いので、事前に何が有って何がないのか確認するようにすると安心です。もっとも、生活に必要なテレビ、洗濯機、エアコン等は寮に備え付けられていることがほとんどです。

※企業によっては、研修・説明後に、配属先と寮が決まる場合も多いです。

⑤赴任⇒研修・説明・各種手続き

赴任後は研修や工場の説明、保険等の手続きに数日間かかります。いきなり工場のラインでバリバリ働くことはありませんので安心して下さいね。

新しい環境は何かと大変ですが、この期間に寮生活に徐々に慣れて行きたいところです。

⑥勤務開始

自分の配属先で、勤務開始です。

作業内容については、マニュアルが整備されているほ他、社員さんがしっかりと教えてくれるので、誰でも確実に仕事をこなせる環境が整っています。

まとめ

この記事のポイントをおさらいしましょう。

採用までの流れ

  1. 応募
  2. 選考
  3. 合否結果連絡
  4. 引っ越し&入寮
  5. 赴任⇒研修・説明・各種手続き
  6. 勤務開始

一般企業での採用までの流れと比べ、選考は比較的合格しやすいです。また引っ越しはほぼ必要ですので、事前に簡単にでも荷造りをしておくといいでしょう。

実際の勤務開始してからは丁寧に仕事内容を学べるので、その点も安心できますね。

あとは、元気な体とやる気があれば、期間工として働くことはそれほど難しくありません。さぁ、あなたも期間工として、大手有名企業で、働いてみてはいかがでしょうか?

人気記事期間工で夢を掴め!最も稼げる自動車メーカーおすすめランキングTOP3